遺伝子検査のメリット

現在の症状が、ターゲットになる原因遺伝子が関わる遺伝性疾患によるものか証明できる。
検査を受けた本人の兄弟や肉親などに遺伝する可能性がある病気なのかを知ることで、あらかじめ対策できる。
遺伝子の変異体を持っているかどうか検査できる。
遺伝子検査はこの10年近くでDNAの解析技術が急速に発展し、分析にかかる費用が下がり短時間で行えるようになっている。
遺伝子検査キットを購入すれば、血液ではなく唾液から簡単に遺伝子を調べられる。
遺伝子の情報は変化しないと考えられており、一度検査を受ければ再検査の必要はないと言われている。

 

 

遺伝子検査のデメリット

他院からの紹介状が必要なケースがある。
遺伝子検査キットによる唾液検査の場合、基本的に20歳以上の成人のみが対象。
遺伝子検査キットによる唾液検査の場合、現在の健康状態や病気の状態について調べるサービスではなく、また遺伝的要因による発症可能性が極めて高い遺伝性疾患や家族性腫瘍、精神疾患は対象外となっている。

 

 

* 参考文献:
東京女子医科大学遺伝子医療センター / http://www.twmu.ac.jp/IMG/
MYCODE公式サイト / https://mycode.jp/
国立がん研究センター / https://www.ncc.go.jp/