準富裕層の定義(プチ富裕層)

準富裕層やプチ富裕層は、金融資産5,000万円〜1億円クラスの人たちを指すことが多いですが、場合によっては金融資産1億円〜10億円未満といっても良いかもしれません。

 

職業は、ビジネスオーナーや投資家(デイトレーダーを含む)、医者・弁護士などのプロフェッショナルが多いようです。

 

 

お金持ちに興味がある一般の人たちからすると、富裕層セレブ・お金持ちリッチの人たちのイメージは・・・

 

プライベートジェットでスイスやモナコなどのヨーロッパ、ロサンゼルスやニューヨークなどのアメリカ、ドバイ・香港・シンガポールなどの金融国家を飛び回ってパーティーに参加し、陸上ではリムジンをはじめフェラーリ・ロールスロイス・ランボルギーニ、海上では豪華客船やプライベートクルーザーを乗り回すライフスタイルを体現している

 

というような感じかもしれませんが、準富裕層やプチ富裕層のような金融資産数億円クラスの人たちは、高級住宅地に住んだり高級外車を乗り回すような派手な生活を送っていません。

 

 

むしろ、目立った贅沢な暮らしをしない人や、一般の人たちと同じように質素な生活を送る人がほとんどを占めているとさえ言われているのです。

 

 

また、準富裕層やプチ富裕層のように近年突然お金持ちになった人たちは、服装や言葉遣いでお金持ちかどうかがまったく分からず、一般人に埋もれて見分けがつかない傾向にあります。